最新歯科医療を導入している歯科医院とは?

この記事をシェアする

痛くない歯の治療

痛くない歯の治療として、麻酔の種類を変更している病院があります。
そこでは、表面麻酔や局所麻酔、静脈内鎮静法を採用しています。
表面麻酔は、局所麻酔で針を刺す場所の粘膜に、ゼリー状またはシール状麻酔薬を塗布します。局所麻酔は、極細の注射針を使用します。静脈内鎮静法は、全身麻酔の直前のような感覚ですが、完全に眠るような麻酔ではありません。より高度な治療な場合や治療に極度な不安を抱く方などに採用されているそうです。
麻酔の種類を変更することで、歯の治療での痛みを軽減する工夫をしていました。
また、先進医療機器を積極的に導入しており、最先端な3D技術を用いて、歯の内部の症状をより鮮明に見ることができ、より正確な診断と治療を行うことができます。

アンチエイジングやデジタルエステ

顔のきれいは歯からをモットーに、ホワイトニングや歯茎ケア、歯のトリートメントも歯科医院で行われています。
治療というよりは、予防歯科に近いイメージですね。
ホワイトニングは、オフィスブリーチというものがあり、これは施術直後に歯が白くなるという効果的なものです。複数回行う必要もありますが、家でのホワイトニングを合わせることで、より効果的になるそうです。
歯茎ケアは、歯茎をピーリングすることで、健康な歯茎を取り戻すというものです。
歯のトリートメントは、あまりなじみがありませんが、たばこや茶渋で汚くなった歯面をきれいにするものです。専用のペーストで着色を落とします。ある病院では、汚れ除去後、より滑らかな強い歯にするために、エナメル質でコーティングしています。