最先端の歯科医療を知ろう

この記事をシェアする

削らない治療法やかみ合わせの治療法

歯を削らない方法として、ヒールオゾン治療やドックベストセメント治療があります。
ヒールオゾン治療は、塩素の7倍に匹敵するオゾンによる高い殺菌力で、虫歯菌の殺菌を行うものです。初期であれば、削ることなく、治療に望むことができます。
ドックベストセメント治療は、セメント含有の鉄イオンと銅イオンによる殺菌力で虫歯菌を無菌化するものです。これは、虫歯自身を除去することはありません。ですので、虫歯の歯を抜くことができない場合に採用されます。歯を抜いてしまうと、神経まで悪影響を及ぼす可能性がある際に役立ちます。
かみ合わせの治療としては、矯正があげられます。私自身も経験しました。歯並びが悪い場合、歯垢や汚れが除去しづらくなり、虫歯の原因となります。近年では、ストレスによる歯ぎしりもあり、歯を守るためにマウスピース矯正もあります。

インプラントについて

インプラントは、人工歯根のことを指し、歯がない部分に人工的な歯をつくる治療です。
インプラント治療は、人工的な歯根を骨の中に埋め込み固定させ、その上から人工歯冠のセラミックを固定させます。これは、他の健康な歯には負担をかけずに、歯がない部分だけに治療ができるので、残された自分自身の歯も守ることができます。
高齢者をはじめとした、多くの歯を失ってしまい、食事ができない方々は、入れ歯で対応することが今までの歯の治療でした。入れ歯は、毎日の手入れが不十分だと、雑菌が生え、口腔内のさらなる環境悪化につながってしまいます。さらに食べている最中ではずれてしまって食べづらいといった不便な点があげられていました。これを解消できるものがインプラントなのです。