日本で問題となっている歯科問題について考えよう

この記事をシェアする

虫歯治療について

虫歯の治療としては、虫歯になったところを取り除く作業となります。軽度の虫歯の場合は、虫歯部分を削りとり、プラスチックを詰めます。
重度の虫歯であれば、神経を取り除かなければならないほど進行している場合には、神経を取り除き、かぶせ物をします。
この場合、神経が虫歯菌によって感染されている可能性が高いため、根管治療を行います。これは、虫歯菌による病巣を取り除くために、すべて虫神経を取り除くことです。
このように、元の歯を残さずに治療することが一般的です。
しかし近年では、自分自身の歯と神経を守る最新治療が施されています。これに関しては次のページでご紹介します。
やはり、虫歯にならないためには定期検査が必要です。歯は食べものを体に入れるために必要な体の一部です。めんどくさがらずに歯科医院で定期検査を受けることが大切です。

歯周病治療について

歯周病は、プラークに存在する細菌によって歯茎に炎症が起こるものです。
この炎症を放置した場合には、顎の骨まで炎症を引き起こす可能性があります。
原因は、歯並びやストレス、ブラッシングの不足、全身疾患などがあげられます。
歯と歯の歯肉が膨らみはじめ、ブラッシングで出血するという症状があらわれたら、注意してください。歯周炎の前段階である歯肉炎です。これ以上進行が進まないようにするために、歯肉の中にある歯垢を完全に取り除くといった定期的なケアが必要です。現在は、予防も治療も可能な歯周病ですので、ケアが重要視されています。
治療としては、歯肉炎の段階であれば、プラークや歯石を取り除き、フッ素塗布をします。歯周炎の場合には、歯茎を切開し、付着したプラークや歯石を取り除きます。